ホームページ運用

投稿日:2018年10月29日 更新日:

総務省『平成29年版 情報通信白書』によると、国内のインターネット人口普及率は、83.5%。20~59歳の各世代では93%以上、20代では99%に達しました。

インターネット上のホームページでの情報収集は当たり前となり、企業が自社ホームページを開設していることは一般的となっています。

ここでは、企業がホームページを運用するメリットや課題をふまえつつ、弊社で提供する運用代行サービス「Web担アシスト」でどのようなサポートをおこなっているかご紹介させていただきます。

Web担アシスト資料ダウンロード

企業のホームページ運用のメリット

企業が自社のホームページ運用するメリットは、多岐に渡ります。

まずホームページは、インターネット上で24時間365日営業し続ける営業窓口として、いつでも顧客からの問い合わせを受け付けることができます。

売上拡大のための新規の集客チャネルとしてだけでなく、既存の顧客やパートナーとの関係強化のための手段としても活用が可能です。

さらに、求める人材を獲得する求人・採用担当として、また製品広告や企業広報を担う宣伝・PR担当として、自社の魅力をひろく伝える役割も果たします。

適切な情報発信により、電話サポートへの問い合わせ数を減らすなど人的業務の負荷減・効率化への貢献も期待できます。

そしてホームページでは、アクセス解析を導入することにより、どのようなユーザーが、どのページ、どんな検索キーワードで、どれくらいアクセスしたのかを知ることができます。これにより、施策の効果測定はもちろん顧客ニーズの掘り起こしまで行うことができるのです。

 

自社のホームページ運用でこんな課題をお持ちの方に

こんな課題をお持ちの方に

  • どういった情報を掲載すればいいのかわからない。
  • 取材や撮影などのノウハウがなく、コンテンツをどう作っていいか分からない。
  • 社内で運用する負担が大きいのでアウトソーシングしたい。
  • SEO効果のあるコンテンツがつくりたい。
  • 期待している成果があがらない。
  • 現状のデザインに不満がある。
  • 複数の制作会社がはいっており統制がむずかしい。

 

ホームページ運用サポートメニュー

自社のホームページに新規見込み顧客を誘引するためには、Googleなどの検索エンジンでホームページが見つかりやすくするために、SEO(Search Engine Optimization/検索エンジン最適化)を意識した情報コンテンツと定期的な更新が非常に重要です。

ホームページは、立ち上げた後の運用でその成果は左右されます。

弊社では、ホームページ運用の実績豊富な担当ディレクターをアサインさせていただき、現状の分析から、実際のコンテンツ制作・運用、効果測定・レポートまで、ホームページ運用全般をサポートいたします。

 

ホームページ運用の目的・課題の明確化

きめ細かなコミュニケーションにより、まず現状のホームページ運用上の課題・ご要望をお伺いいたします。

さらに、現状で取得可能なアクセスデータをもとに、ホームページのアクセス解析を行い、データから見えてくる課題の掘り起こしを行います。ホームページのデザインや構造上の課題、情報コンテンツの内容の課題などを検討します。

ヒアリングと分析に基づき、現状の課題を整理するとともに、ホームページ運用の目的を明確化、ご要望にそってしかるべき打ち手をご提案します。

  • 現状分析
  • 課題の整理
  • 支援内容のご提案

 

ホームページのコンテンツ設計支援・代行

ホームページ運用の目的に応じて、最適なコンテンツをご提案いたします。ターゲットに対して適切なコンテンツを発信できるようコンテンツマップを作成し、コンテンツを企画します。

  • コンテンツマップの作成支援
  • コンテンツの企画支援
  • KPIの設定支援
  • 対策するSEOキーワードの選定支援

 

ホームページのコンテンツ制作代行・運用支援

実際のコンテンツ制作を支援・代行いたします。経験豊かなスタッフが、取材、撮影から記事の執筆、投稿・公開まで、ニーズに応じてサポートいたします。

ホームページは、いちど足を踏みれたら、そのページだけではなく関連ページも見たくなるような魅力的なコンテンツであるべきです。そのためには、写真やデザインのクオリティ保持も重要なポイントになります。アートディレクションの観点からも良質なコンテンツ制作を支援いたします。

また、ホームページ更新のためのラインナップ策定、スケジュールの整備などの運用サポートも行います。

  • 今月のコンテンツ制作スケジュールの整備支援・代行
  • コンテンツ制作代行(取材、撮影、執筆)
  • コンテンツの公開代行(ホームページの更新)
  • 掲載写真のクオリティ保持支援

 

効果測定・レポート支援

アクセス解析による効果測定、レポートをサポートいたします。

 

担当ディレクターに聞くホームページ運用のポイント!

まわりまわってブランド価値が下がります

ホームページは、企業の法人としての顔です。第一印象が悪いと、喜んで一緒に働きたいとは思わないですよね。「いい人材がこない…、きてもいいひとがいない」と求人でお悩みなら、ホームページをいますぐきれいにするべきです。

実際、ホームページの立ち上げに携わらせていただいた福祉事業のお客様で、「ホームページがよかったから応募してみた」と言ってよい人材がきてくれた、と喜んでいただけました。

求人だけではありません。新規顧客開拓や、社員のモチベーションアップの効果も期待できます。

いきなりフルリニューアルしなくていいんです。一部改善からでも十分効果があります。

また、見た目だけでなく態度も示さなくてはいけません。つまり、更新はしたほうがいいですね。更新がとまってると、本気でやってないと思われがちなので、最低でも月に一回でもいいので、生きていることを伝えるつもりで何か言った方がいいですよ。

例えば、地域とのつながりが大切なビジネスなら、社員が発信する近辺でのできごとや地域のランチ情報でもいい。読んだ方のためになって、かつ社員に親近感を覚えてそのうちファンになってもらえるかもしれません。好きになってもらえるように、ぜひ楽しんで更新していただきたいです。

ただ、コンテンツを公開する際は、写真のクオリティには注意が必要です。暗い写真や、何が写っているのかよくわからないような写真はNGです。まわりまわって企業のブランド価値が下がります。

私がホームページ運用をサポートさせていただく場合、現役デザイナーでもあるので、アートディレクションを大切にした良質なヴィジュアルのコンテンツ運用を行っています。写真のクオリティ保持はもちろん、みためのトータルバランスを保つために地味なことをいっぱいやります。ぜひ、写真一枚だからといっておろそかにせず、気を使っていただければと思います。

ほんとうのターゲットに届けばいい

企業のホームページは、やみくもに関係ないひとにたくさん来訪してもらっても、あまり意味がない。アクセス自体はそんなに多くなくていいと考えています。じぶんたちに興味をもってくれる、ほんとうのターゲットに届けばいいんです。ほんとうのターゲットに向けた情報を発信していれば、そもそも対象の数は少ないけど、逆に、こぼれていなくなる数も少ないので、最終的に顧客として残る数は同じか、多いくらいかもしれません。

私自身、あるときから、ホームページで思い切ってもっと自分の考え方を前面に出すようにしたんです。そうしたら、ホームページから新規顧客がきてくださった。間口を狭めることを恐れずに、届けたい人に届けばいいという考えで行った取り組みが成果につながりました。

ホームページは、適切に運用すればビジネスに大きく貢献してくれます。ぜひ、自社の顔であるホームページを上手に活用していただければと思います。

Web担アシスト」では、企業ご担当者様の課題に応じて、柔軟なホームページ運用のサポートをご提案しています。

担当ディレクターのプロファイル

3つの視点「女性」「子育て」「ワーキングマザー」が強みです。

2005年にフリーランスWEBデザイナーとなる。Eテレの『天才テレビくん』『ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス』等のWebサイトデザインを手掛ける。2014年に埼玉県の建築系一般社団法人の大規模Webサイトリニューアルの際に外部ディレクターとして従事。2016年に子ども障がい福祉事業所の立ち上げにクリエイティブ面で参加。2017年に香港の富裕層ママ向けECのデザインを担当。現役デザイナーという立ち位置を生かしたWebサイト制作を得意とする。

対応実績

NHK Eテレ『天才テレビくん』『ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス』Webサイトデザイン/建築系一般社団法人の大規模Webサイトリニューアルディレクション/香港の富裕層ママ向けECデザイン・コンテンツ制作など

Web担アシストに関する資料、お問い合わせはこちら

Web担アシストに対するお見積もり、自社のホームページ運用でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

事例や見積もりの参考資料がダウンロードできます

 

お問い合わせ、ご相談

TEL:03-4500-1403 (受付時間:平日10:00〜18:00)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンクの広報・PR担当です! デジタルマーケティング運用に関する弊社の取り組みをご紹介してまいります。

Copyright© ディレクターバンク株式会社 , 2018 All Rights Reserved.