オウンドメディア運用

投稿日:

オウンドメディア運用

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有する(own)メディアのことで、主に企業のコーポレートサイトやブログなどWebメディアのことを指します。

ここでは、オウンドメディアとしてのWebサイト運営のメリットを解説するとともに、ディレクターバンク株式会社で提供するWeb担当者向け運用代行サービス「Web担アシスト」でどのような支援をさせていただいているのか、ご紹介いたします。

Web担アシスト資料ダウンロード

企業のオウンドメディア運用のメリット

オウンドメディアは、企業のコンテンツマーケティング戦略展開において、有力な戦術のひとつです。

ユーザーにとって価値あるコンテンツを制作し、企業が自社で所有するWebサイトやブログといったメディア(媒体)を通じて継続的に発信しつづけることで、見込み顧客を集客します。

テレビCMや新聞広告などのマス広告、バナー広告といったペイド広告では、企業側からユーザーに対して直接アプローチしてPRすることが可能ですが、効果は出稿期間に限定された一方的なコミュニケーションです。

これに対し、オウンドメディアでは、ユーザー側から自身の関心・疑問にもとづいて自発的に訪問してもらうことで、自社のサービス・商品をより自分事として認知・共感を得ることを目指します。さらに、呼び込んだユーザーに対しては、より詳しい資料のダウンロード提供や、会員制度などの展開によって、見込み顧客への育成・購買促進を図ることが可能です。

また、継続的なオウンドメディア運営で蓄積したコンテンツ自体、企業にとって長く活用できる有益な資産となります。

ユーザーがコンテンツを有益とみなしたり気に入れば、ユーザー自らSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で情報拡散してもらえることが期待できます。

過去に配信したコンテンツが人気となり、GoogleやYahoo!といった検索エンジンで多くのユーザーが自社のオウンドメディアを見つけて訪問してくれるようになれば、広告費をかけずに、自動的かつ継続的に見込み顧客を誘引するエンジンとなります。

これらの効果は、オウンドメディア運営を続けている限り、継続していくものです。

オウンドメディアでは、自社で正確な効果測定・分析を行えることも大きなメリットです。分析結果を検証し、オウンドメディアの改善などのPDCAを回し効果を高めるのはもちろん、ユーザーのデータを取得・蓄積し、マーケティング活動へ活かすことが可能です。

 

オウンドメディア運用でこんな課題をお持ちの方に

こんな課題をお持ちの方に

  • 編集ノウハウがなく、コンテンツの作り方が分からない。
  • SEOを考慮した、成功するコンテンツが作れない。
  • 人員不足で手が回らない。
  • オウンドメディアへの流入が増えない。
  • ビジネスゴールが達成できない。

 

オウンドメディア運用サポートメニュー

ディレクターバンク株式会社が提供する運用代行サービス「Web担アシスト」では、オウンドメディア運用実績が豊富な専任のディレクターをアサインさせていただき、戦略・コンセプト設計から、コンテンツの企画・制作、配信運用、効果測定・レポートまで、オウンドメディア運用全般をサポートいたします。

 

戦略・コンセプトの初期設計

オウンドメディアは、単純に立ち上げたら終わりというものではなく、自社の課題解決につながり、かつユーザーに振り向いてもらえる有益なコンテンツを、継続的に提供し続けていくことが、非常に重要です。

そのためには、初期設計の段階で、ビジネスの特性や自社の課題にもとづき、オウンドメディアで何をしたいのか、その役割を明確にすることが欠かせません。

Web担アシスト」では、企業の課題感から、最適なオウンドメディアを立案、コンテンツのコンセプト設計をサポートいたします。

  • 課題の明確化支援
  • 戦略設計
  • オウンドメディアの立案
  • コンテンツのコンセプト設計

 

コンテンツ制作・運用支援、代行

初期設計にもとづき、課題解決のために最適なコンテンツを立案・ご提案いたします。

オウンドメディアの構築から、実際のコンテンツ制作体制の整備、外部ライターのアサイン、制作代行まで、必要に応じた支援内容を設計いたします。

  • オウンドメディア構築
  • コンテンツの制作ルール設計支援
  • コンテンツの企画・編集
  • コンテンツの制作支援、代行
  • 社内スタッフへのディレクション
  • 外部ライターのアサイン

 

効果測定・レポート支援

訪問数や離脱率、PV(ページビュー)等のアクセスデータ解析による、効果分析・改善策の策定をサポートいたします。集客テコ入れのための企画や特別なキャンペーン施策の立案もご相談ください。

  • アクセスデータ解析・評価支援
  • コンテンツ評価レポート
  • コンテンツ改善策の立案
  • キャンペーン企画支援、代行

 

担当ディレクターに聞くオウンドメディア運用のポイント!

始める前に、成功するかわかります

オウンドメディアは、最初の目標決めと戦略づくりがポイントです。

戦略立案にあたり、まずは課題を伺います。「本当は、こういう会社なんだけど、それがお客様に伝わっていないと感じている」とか、「うちの会社、こうなりたいんだよね」というようなお話を伺えたら、手応えを感じますね。

オウンドメディアでは「語れることがあるか」「会社のなかにブランドがあるか」が、実はとても大切です。担当者が、ほんとうにこの商品を世に広めたいと思っているか、つまり熱意が必要なんです。

コンテンツ制作のノウハウがない、編集の仕方がわからない、というのは問題ではありません。“語るべきもの”を浮き彫りにして企画して、コンテンツのかたちにする部分は、私たちのような外部のプロをうまく利用すればいい。

何よりもビジネスの課題として“こうなりたい”がなければ、かたちにはできないし、もし無理やり何かをかたちにしたとしても、それはうわべだけで、ビジネスの現場とはリンクしていないし、肝心なことは伝わらないですから。

例えば、私がお手伝いさせていただいているカー用品メーカー様では、お客様との距離が遠いと感じていて、これをなんとかしたいと考えていました。そこで、インターネットに散らばる悪いクチコミだけをあえて集めて、それに対して真摯に回答していくというコンテンツを展開。これが評判となり、リアルイベントで「あの記事見たよ」とお客様から声をかけていただけるようになるなど、効果を実感されています。

このようなクレームを逆手にとったコンテンツ戦略をとることは勇気のいる決断ですが、「うちのサービスには自信をもっているから、お客様に知ってもらいたいんだ!」という担当者の強い思いが可能にした展開でした。

オウンドメディアには、向き不向きもあります

オウンドメディアは、うまくいけば継続的に効果があがる一方、運用を始めたら終わりがないという側面もあります。

私がご相談を受けた場合、始める前に、業種や人的・予算的リソースを踏まえた、現実的なオウンドメディア運用の向き不向きの診断を行います。

業種や商材によって、インターネットでの情報配信との相性もありますし、課題感やリソースの状況によっては、オウンドメディア以外の手法をご提案することもあります。

特に、予算を預けて丸投げというスタンスの場合、オウンドメディアは向かないと思います。モノを売るというのは、買う側の信頼感をつくること。売る側が肝心な信頼づくりを人任せでは、うまくいきません。

Web担アシスト」では、企業ご担当者様の課題や得たい成果に応じて、柔軟なプランの設計と運用をご提案しています。

担当ディレクターのプロファイル

オウンドメディアならお任せください

オウンドメディアの立ち上げから運用をメインに、ディレクター兼ライターとして活動。求人・セールスページなどの成果型コピーの執筆や、海外のオープンソースCMSを日本向けのカスタマイズしたオンラインショッピングモールの開発・運用、SEO・インターネット広告、Webマーケティングなども手がける。

対応実績

カー用品メディアのコンテンツ制作・運営/パーツメーカーのコンテンツ制作・運営/国内外のマーケティングニュースサイトの編集・運営/住宅関係のニュースサイトの編集・運営/その他業種のソーシャルメディア・オウンドメディア運営

Web担アシストに関する資料、お問い合わせはこちら

Web担アシストに対するお見積もり、自社のオウンドメディア運用でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

事例や見積もりの参考資料がダウンロードできます

 

お問い合わせ、ご相談

TEL:03-4500-1403 (受付時間:平日10:00〜18:00)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンクの広報・PR担当です! デジタルマーケティング運用に関する弊社の取り組みをご紹介してまいります。

Copyright© ディレクターバンク株式会社 , 2018 All Rights Reserved.