コンテンツマーケティング運用

投稿日:2018年10月15日 更新日:

最近の広告トレンドが、商品の“存在”の単なるPRから、その商品が生まれた“背景”や“ストーリー”を訴求していく形にシフトしているように、ユーザー視点で興味や関心を引き出すための情報を提供し、顧客化につなげていくコンテンツマーケティングの重要性が高まっています。

企業が自社のホームページやSNSでコンテンツマーケティング運用する上でのメリットや、おちいりがちな落とし穴をふまえつつ、弊社で提供する運用代行サービス「Web担アシスト」でどのようなサポートをおこなっているかご紹介させていただきます。

Web担アシスト資料ダウンロード

コンテンツマーケティングのメリット

コンテンツマーケティングとは、ビジネスのターゲットに対して有益なコンテンツを作成・提供し、意識変容を促進させていくことによって、最終的に購買へ導くことを目的としたコミュニケーション戦略を指します。

適切に設計・運用すれば、ターゲットが企業の製品・サービスを購入してくれるばかりか、長期的なリピーター、ファンとなって周囲にもすすめてもらえるような関係構築が可能です。

また、自社ホームページやオウンドメディアのような、インターネット上にコンテンツを任意に掲載し続けられる媒体の活用により、掲載期間が限定された広告のように単発的・瞬発的な効果ではなく、継続的に効果を生みだすことができる点でも注目されています。

ただ、ターゲット層に対して、コンテンツ内容と伝達手段がマッチしていなければ、期待した効果は見込めないので、初期段階での慎重な企画・設計が非常に重要です。

 

コンテンツマーケティングでこんな課題をお持ちの方に

こんな課題をお持ちの方に

  • コンテンツマーケティングをやりたいが、何から手をつければいいかわからない。
  • 成果に繋がる「適切なコンテンツ」というのを、自分たちに作れるのだろうか。
  • どういう体制で、どういう更新サイクルで運用するのがいいのだろうか。
  • 会社からは成果を求められるが、どう報告すればいいかわからない。
  • 様々な施策に取り組んではいるものの、思ったような結果につながらない。

 

コンテンツマーケティング運用サポートメニュー

コンテンツマーケティング運用の実績豊富な担当ディレクターをアサインさせていただき、戦略・コンセプト設計から、実際のコンテンツ制作・運用、効果測定・レポートまで、コンテンツマーケティングの運用全般をサポートいたします。

 

コンテンツマーケティングの全体戦略設計

コンテンツマーケティングでは、「誰に」「何を」「どういう順番で伝えるか」の設計、いわゆるコンテンツコンセプトの設計が非常に重要です。

見込み顧客との接点(タッチポイント)ごとに「何を伝えて、どのように意識変容させるか」を計画し、コンテンツの内容と伝達手段(自社ホームページやオウンドメディア、カタログなどの紙媒体、リアルイベント、広告など)を、ターゲットの購入見込み度に応じて設計していきます。

また、運用フェーズに入っていくと、目先の指標(KPI)にとらわれて、肝心なゴール(KGI)を見失ってしまいがちです。効果測定までを視野に入れた、迷走しないための戦略設計が必要です。

Web担アシスト」では、企業内でもとめられるスピード感・予算感に応じた設計をサポートいたします。

  • カスタマージャーニーマップの作成支援
  • コンテンツマップの作成支援
  • コンテンツの企画支援
  • KPIの設定支援

 

コンテンツの制作・運用支援・代行

計画にもとづいたコンテンツの制作・運用支援を行います。
また、コンテンツを知ってもらうためのコンテンツプロモーションも必要に応じて展開します。

  • コンテンツ運用体制の構築支援
  • コンテンツ企画・編集支援・代行
  • コンテンツ制作(取材・ライティングなど)支援・代行
  • コンテンツ運用(記事投稿・イベント運営など)支援・代行
  • コンテンツへの集客(プロモーション)支援・代行

 

効果測定(レポーティング)支援

効果測定の段階で最も避けたいのは、事前に過大な効果を見込んでしまっていて、達成できずに行き詰まってしまうことです。

また、KPIにとらわれてしまって、肝心のKGIを見失ってしまうことも避けなければなりません。

起こりうる例として、KPIである「PV(ページビュー)」を追い求めるあまり、オウンドメディアのPVは上がったけれど、直帰率が高くて肝心のコンバージョン(=KGI)につながっていなかった、という場合があります。そんな場合は、KPIの設計を見直す必要があります。

Web担アシスト」では、豊富な運営実績から、現実的かつ効果的なコンテンツマーケティング展開のための効果測定(レポーティング)をサポートいたします。

  • 効果測定の指標設計支援
  • 効果分析支援
  • レポーティング支援

 

担当ディレクターに聞くコンテンツマーケティング運用のポイント!

きっかけをいかにたくさん作れるかがポイントです

これまで多くの企業を支援してきた経験から、コンテンツマーケティングで困るポイントは、おおよそ以下のポイントです。

  • 企画
  • 編集&ライティング(制作)
  • コンテンツへの集客(プロモーション)
  • 効果測定(レポーティング)

実際の運用がはじまると、日々の運用でめいっぱいになり、何のためのコンテンツマーケティングだったのかを見失い、迷走してしまうということはままあります。

迷走しないためには、企画段階で「誰に、何を、何のために伝えるか」を明確にしておくことが非常に重要です。

そして、実際にコンテンツ制作をお願いするパートナーと、上記をどのような文脈で伝えるか共通認識を持ってから制作に入ること。また、コンテンツを展開した際の効果を、どうレポーティングするかを想定しておくことも大切です。

コンテンツマーケティングというと、SEOによる集客や、SNSでバズるコンテンツを作ることと単純に考えてしまうケースがありますが、これらはあくまでも手段であり、本来はより複合的な展開によって広くて奥行きのある効果を狙っていくことができる手法なのです。

様々なレベルの購入見込み度合いの顧客と、どう出会って、自分たちを好きになってもらうか。どこをつつけば響くか。そのきっかけを、いかにたくさんつくれるかがポイントです。

予算×得たい成果×組織風土で具体策を考える。

私も以前、事業会社で働いていたことがあるのでわかるのですが、社内メンバーだけで企画をすると、社内事情にふりまわされて、ユーザー視点ではなく社内視点で中途半端なコンテンツマーケティングを企画してしまう場合があります。

その点、外部の経験豊富なパートナーであれば、企業担当者様の社内事情を理解した上で、社内事情にふりまわされない立場で、製品・サービスのストーリーをどうやって伝えていくかを、よりフラットに企画提案できるメリットがあります。

私自身、様々なクライアントとお仕事をさせていただくなかで、多様な組織風土にふれてきた経験から、その企業にあったやり方というものがあることも理解しています。

例えば、潜在層へのリーチを目的としたオウンドメディアは、継続的な効果は見込めますが、そもそも効果がでるまでには時間がかかります。一方で、会社からは直近での成果も求められている。そんな場合には、中期的な成果を想定した、潜在層へのリーチを目的としたオウンドメディア運用と、短期的な成果を想定した、明確層をターゲットにした広告展開を、平行して行うプランを設計して提案するケースもあります。

Web担アシスト」では、企業ご担当者様の課題や得たい成果に応じて、柔軟なコンテンツマーケティングの設計と運用をご提案しています。

担当ディレクターのプロファイル

プロデュースなら、お任せください。

2001年よりWEBプロデュース業を行う。WEB制作会社の受注側、事業会社での発注側と双方の立場でWEBプロデュースを経験後、2011年に独立。リニューアルや新規メディア立ち上げなど、企画中心のプロデュース案件を多数担当。独立後は、サッポロビールの共創プロジェクト「百人ビール・ラボ」、NHKエデュケーショナルの子育てメディア「すくコム」、厚生労働省委託事業「LO活」などのプロデュース。

対応実績

サッポロビールの共創プロジェクト「百人ビール・ラボ」/HIS女性オウンドメディア「恋するトラベル koitora.net」/通信会社法人営業部の特集WEBコンテンツの企画編集/雑誌社コミュニティのコンサルティングなど

Web担アシストに関する資料、お問い合わせはこちら

Web担アシストに対するお見積もり、自社のコンテンツマーケティング運用でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

事例や見積もりの参考資料がダウンロードできます

 

お問い合わせ、ご相談

TEL:03-4500-1403 (受付時間:平日10:00〜18:00)

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンク(株) 広報・PR担当

ディレクターバンクの広報・PR担当です! デジタルマーケティング運用に関する弊社の取り組みをご紹介してまいります。

Copyright© ディレクターバンク株式会社 , 2018 All Rights Reserved.