Web運用代行サービス「Web担アシスト」

事例やお見積もりの資料はこちら

ネットメディアがSNSを中心としたユーザー主導型のメディアに移行している今、デジタルマーケティングの重要成功要因は「いいホームページを制作する」ことから、「SNSやホームページの運用を通じていかにターゲットユーザーを獲得していくか」にシフトしています。

これにともなって、Web担当者の日常の運用工数が増え、また新しいデジタルマーケティングのトレンドを日々取り入れ続ける努力も必要になってきました。

Web担アシストは、そんな手間のかかるWeb運用業務をWeb担当者様に代わって代行していくアウトソーシングサービスです。

御社が取り組まれるデジタルマーケティング施策やテーマに対して運用実績のある担当ディレクターをアサインし、Web担当者様と同じ視点でPDCAをまわしながら運用業務を代行させていたただきます。

1.デジタルマーケティングの成功要因の変化

デジタルマーケティング の重要成功要因は、「いいホームページを制作する」ことから、「SNSや自社ホームページの運用を通じていかにターゲットユーザーを獲得していくか」にシフトしています。

Webマーケティングの成功要因の変化

 

2.Web運用で成果を出すための3つのポイント

企業がホームページやSNSを運用する目的は様々です。
自社商品の販売や宣伝、顧客サポート、社員採用、株主や取引会社等とのリレーション強化など、今やホームページやSNSに期待される役割は多岐に渡りますが、Web運用で成果を出すためには、共通して以下の3つの取り組みが必要だと私たちは考えています。

1.目的と目標を明確にした上での運用業務になっていること

Web運用で成果を出すためには、目的を関係者で共有した上で、どんな成果指標を、いつまでに、どんな数値にしていきたいのか、具体的な目標数値に落とし込むことが必要です。それに照らし合わせて、日々行う運用業務が妥当なものなのか、いつも意識してチューニングしていくことが大切です。

2.「集客・コンテンツ・改善」3つの運用をまわすこと

Web運用業務の基本的な要素は「訪問者を拡大させていくための運用(集客運用)」「情報を制作・配信し、訪問者の満足度を上げていくための運用(コンテンツ運用)」「成果指標をあげるためのWebの導線を見直していく運用(改善運用)」の3つに集約されます。運用で成果を出すためにはこれらをバランスよく進行させていくことが大切です。

3.PDCAを回す体制が取れていること

個々の運用業務の結果を定期的に分析し、更なる改善施策を積み上げていくフローを構築することが、継続的に成果を出すために必要な取り組みです。

 

3.一般的な企業のWeb運用の実態・・・

一方で、一般的な企業のWeb運用の実態として、以下のお悩みをお持ちの企業は意外と多いのではないでしょうか。

Web担当者(兼務)

「ひとりはつらい!」

頭ではやりたいことはあるけど、Web運用を細かく面倒みれない。

Web担当者の課題

経営

「専属のWeb担当者を雇うのも・・」

ネットには力を入れたいが、どんな人材を雇うべきかわからない。

経営の課題

4.こんな課題をお持ちの方に・・・

Web運用が成果につながっていない・・・

Web運用が成果につながっていない

Webマーケティングのノウハウがない・・・

Webマーケティングのノウハウがない

Web担当スタッフを増員したい・・・

Web担当スタッフを増員したい

5.Web担アシストとは?

Web担アシストは、Webマーケティング業務に特化したアウトソーシングサービスです。

Web担アシスト運営体制

6.Web担アシストの特徴

 

実績豊富な担当ディレクターをアサイン

御社の課題や施策に合わせて、実績豊富な担当ディレクターをアサイン

Web担アシストの強みは、ホームページやSNSの運用実績豊富なディレクターの人材ネットワーク。専門分野を持ち、コミュニケーション力のあるフリーランスのディレクターを中心に、それぞれの専門性と得意分野を独自プロファイリング化。お客様のニーズや、課題に合わせたディレクターを柔軟にアサインすることが可能です。

 

週1日程度の稼働から運用代行

業務ボリュームに応じて、週1日程度の稼働から運用代行します

週1日程度の稼働から運用業務を代行いたします。契約は基本3ヶ月単位で、Web運用状況や活動方針の変更に合わせて、ディレクターを変更することも可能です。また、Web運用人員の増員などのご希望にも柔軟に対応させていただきます。

 

PDCAを一緒にまわします

単なる運用代行ではなく、Web担当者視点でPDCAを一緒にまわします

ディレクターは基本、リモートで運用業務を巻き取りながら、月1〜2回はお客様と対面での進捗確認MTGを行います。リモートだから質の高いディレクターをリーズナブルな料金でアサインすることが可能な一方で、PDCAをしっかりまわすコミュニケーションを心がけています。

7.運用代行テーマ

ホームページ運用 インスタグラム運用 facebook運用
オウンドメディア運用 プロモーションページ運用 コンテンツマーケティング運用
通販サイト運用 デジタルマーケティング企画支援 ホームページ企画支援

8.テーマ別運用内容のご紹介

オウンドメディア運用
オウンドメディア運用

オウンドメディア(Owned Media)とは、自社が所有する(own)メディアのことで、主に企業のコーポレートサイトやブログなどWebメディアのことを指します。 ここでは、オウンドメディアとしてのW ...

続きを見る

Facebook運用

Facebook(フェイスブック)は、月間アクティブ利用者数が全世界で22億3,000万人(2018年6月現在)、日本国内でも2,800万人(2017年9月現在)に上る世界最大規模のSNS(ソーシャル ...

続きを見る

ホームページ運用

総務省『平成29年版 情報通信白書』によると、国内のインターネット人口普及率は、83.5%。20~59歳の各世代では93%以上、20代では99%に達しました。 インターネット上のホームページでの情報収 ...

続きを見る

インスタグラム運用

“インスタ映え”で話題の「Instagram(インスタグラム)」は、ここ数年のユーザー急増もあり、見込み顧客獲得の手段やコミュニケーションのツールとして活用する企業やブランドが増えてきています。 企業 ...

続きを見る

コンテンツマーケティング運用

最近の広告トレンドが、商品の“存在”の単なるPRから、その商品が生まれた“背景”や“ストーリー”を訴求していく形にシフトしているように、ユーザー視点で興味や関心を引き出すための情報を提供し、顧客化につ ...

続きを見る

9.ご利用の流れ

1.お問い合わせ

Web担アシストへのお問合せ

折り返し担当からご連絡させていただき、お打ち合わせの日程調整をさせていただきます。

2.お打ち合わせ

お客様の課題、ニーズをヒアリングさせていただきます。

どのような専門性をもったディレクターをアサインし、

Web運用体制を構築すべきかをすり合わせさせていただきます。

3.お見積もりのご提案

お打ち合わせをもとに、担当ディレクター候補のプロフィール、

Web運用代行計画、お見積もりのご提案をさせていただきます。

ご提案と合わせ、担当ディレクター候補を交えたお客様との面談も設定させていただき、

Web運用計画の実行にあたっての意識合わせもさせていただきます。

4.ご発注

5.Web担アシスト運用開始

 

Web担アシストに関する資料、お問い合わせはこちら

Web担アシストに対するお見積もり、自社のWeb運用でお困りの点がございましたらお気軽にご相談ください。

資料ダウンロード

事例や見積もりの参考資料がダウンロードできます

 

お問い合わせ、ご相談

TEL:03-4500-1403 (受付時間:平日10:00〜18:00)

 

投稿日:2018年9月25日 更新日:

Copyright© ディレクターバンク株式会社 , 2018 All Rights Reserved.